概要

アルゴリズムコンテストで使用するプログラム一式をダウンロードのページから入手し,その中の"user_function()"関数を提案アルゴリズムで置き換えてください. 使用言語はC言語(ANSI-C準拠)もしくはC++言語(ANSI/ISO C++準拠)とします. 応募資格についてはこちら,応募方法についてはこちら, 具体的な開発方法についてはこちらを参照してください.

応募資格

電子通信情報学会の会員・非会員を問わず一般応募とし,制限は設けません. ただし,学生・若手研究者の振興という本コンテストの趣旨をご理解いただき,商用を目的に開発されたプログラム等の応募はご遠慮いただければ幸いです(審査にて表彰から除外される場合があります). 審査結果の発表・表彰は情報科学技術フォーラム(FIT2011)において実施する予定です.

応募は個人・グループの両者を受け付けます.グループの場合は必ず全員の名前・所属を明記して応募して下さい. 複数レベルに対する応募も歓迎します.同一のアルゴリズムで複数のレベルに応募しても,レベル毎に異なるアルゴリズムで応募しても構いません. ただし,同一レベルに対する複数の応募はご遠慮ください.

応募方法

投稿用フォームから投稿を行います(募集は締切りました). 下記提出物をひとつにアーカイブしたファイル(zip推奨)を添付し, 登録内容フォームには,応募名,氏名,所属,応募レベル,開発環境,を記載して投稿します. 確認メールが代表者メールアドレス宛に配信されますので,必ずご確認ください.

提出物

ソースコード

提案するアルゴリズムを実装したソースコード(user_function.c,もしくは.cc)が提出対象です. サンプルソースとして同梱されている他のファイル(alcon2011_main.c, alcon2011.hなど)は必要ありません. 審査の対象となりますので,できるだけわかりやすくコーディングすることを推奨します. 適宜コメントを入れていただいても結構です.日本語コメントを挿入された場合は応募時に文字コードを付記してください.

応募されたソースコードが正常に動作しないときには,適宜内容を修正させて頂くことがあります. その場合,当初どおりの動作が保障されませんので,できるだけテスト環境に近い状態で動作確認した上での応募を推奨します.

アルゴリズムの説明書

応募アルゴリズムの説明をA4で2-4ページ程度で作成して下さい. 書式は以下の通りとし,ファイル形式はPDFもしくはMS Word(マクロを含まないもの)とします.
・応募名(グループ応募ならグループ名.個人なら個人名でも結構です.)
・氏名,所属(学校・学部・学科・研究室),学年.(グループ応募の場合は全員分)
・応募レベル(レベル1/レベル2/レベル3) 
・プログラム開発環境(OSと開発環境の種類)とコンパイル方法の説明(テスト時にプログラムが正しく動作しなかった場合に修正の参考とさせていただきます.)
・アルゴリズムの概要(工夫した点や独創的なアイディアなど,オリジナルな部分を特にアピールしてください.)

-->